10の秘密 インテリア 高野木工

10の秘密のインテリア

向井理さんが大好きで、ドラマ10の秘密を見ていた時にリビングがおしゃれだなと思って見ていました。

どこのメーカーか気になったので調べたら、我が家でも愛用している高野木工の家具がたくさん使用されていました。

ちょうど高野木工の店舗の隣に、10の秘密のインテリアの特設会場が出来ていたのでさっそく行ってみました。
会場にあった家具の写真をたくさん撮ったので、備忘録がてらご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

高野木工とは

福岡県にある家具メーカーです。

シンプルな形の家具から、他の家具メーカーでは見かけない形のものまでありす。

家具に使用されている材質はウォルナット、ホワイトオーク、アルダー材がメインです。
同じデザインでもウォルナットが1番高くて、アルダーが1番安くなっています。

家具の他にも、海外からの輸入した電球や絵、ルームフレグランス、花瓶や鉢植え、木製のプレート、食器やフォトフレームなどの小物も多数販売しています。

他のセレクトショップでは見かけないおしゃれな物が多いので、家具以外にも小物目当てでも楽しめるお店だと思います。

スポンサーリンク

10の秘密 ダイニングテーブル 高野木工

高野木工のグタムダイニングテーブルと柏木工のシビルチェア

ダイニングテーブルは、高野木工のグラムシリーズのダイニングテーブルです。

ホワイトオークの無垢材の天板にスツールの脚が付いています。

こちらのタイプは高さは変えれませんが、幅や奥行きは好きなサイズにオーダーできます。

スポンサーリンク

10の秘密 ダイニングチェア 柏木工

柏木工のシビルチェアの斜めのアングル

椅子は、高野木工ではなくて柏木工の名品シビルチェアです。

背もたれがハイタイプで背中が優しく包み込まれるような感じで、座り心地がとても良かったです。柏木工のシビルチェアの斜めからのアングルです。

ウォルナットとホワイトオークで作られています。

ホワイトオークのみで作られているタイプもあるみたいです。

柏木工のシビルチェアの後ろからのアングル

シビルチェアの背面です。

角張ったところがないので、小さなお子さんがいる家でも安心して使えそうです。

スポンサーリンク

10の秘密 チェスト 高野木工

高野木工のホワイトオークのチェスト

ホワイトオークで作られているレッチェシリーズの90cm幅のチェストです。
サイズ違いで134cm幅のチェストもあります。

高野木工チェストフルスライドオープン

チェストの引き出しはフルスライドオープンなので、奥のほうの物の出し入れもしやすそうです。

全部引き出しても落下する心配がないです。

高野木工のチェストの中身

チェストの中身です。

真ん中が仕切られていて、可動できる棚が4枚ついています。

スポンサーリンク

10の秘密 カップボード(食器棚)高野木工

高野木工のカノのカップボード

ホワイトオークでできた、カノというシリーズのカップボード(食器棚)です。

幅115cm、奥行き42cm、高さ139cmです。
こちらのデザインより、ロータイプだったり、横幅が狭いタイプ、ハイタイプもあるみたいです。

この写真のカップボードは低めで、高さが139cmと高すぎないので、ダイニングやリビングに置いても違和感がないと思います。
実際ドラマでもキッチンではなく、ダイニングに置いてありました。
食器棚としても大きめのチェストのように使用してもいいと思います。

脚の部分は有料ですがカットが出来るので、更に高さを低くすることも出来るみたいです。

高野木工のカノというシリーズのカップボードの中身

カップボードの中身です。

チェストと同じく真ん中に壁があって、可動できる棚が4枚あります。

スポンサーリンク

10の秘密 キャビネット 高野木工

高野木工のレイリアというシリーズのキャビネット

レイリアというシリーズのキャビネットです。横幅84cmです。
横幅118cmサイズのタイプもあります。

ドラマ10の秘密では、こちらのキャビネットと、このキャビネットを半分くらいの大きさにした、横幅48cmのサイドボードが使用されています。

90cm幅のチェストをオーダーしたいなと思っていましたが、ディスプレイされていたレイリアのキャビネットがおしゃれだったので、こちらのタイプをいつか購入したいなと思っています。

高野木工レイリアのキャビネットの中身

キャビネットの引き出しもフルスライドオープンです。

向かって左側は可動棚です。

スポンサーリンク

10の秘密 ソファ 高野木工

高野木工フラッチェというシリーズのソファ

フラッチェというシリーズの3人掛けソファです。

カバーの肌触りがとても良かったです。

ハイバックではないので、壁側に寄せてなくても圧迫感がないです。

高野木工フラッチェというシリーズのソファの背面

フラッチェソファの背面です。

後ろから見てもシンプルで素敵です。

フ高野木工フラッチェソファ1人掛け

真ん中に写っているのは、フラッチェソファ1人掛けです。

右端には先ほどのキャビネットのシリーズと同じタイプの、サイドボードが写っています。

手前のレッチェシリーズのリビングテーブルは、ドラマの10の秘密には登場しませんが自宅で使っていておすすめです。
横幅120cmはありますが、奥行きが50cmなので狭めのリビングでも圧迫感を感じなかったです。

10の秘密 リビングテーブル レンバシー

レンバシーというブランドで取り扱っているミズヘリングテーブル
※Rignaさんのホームページからお借りした写真です

ドラマ10の秘密で実際にリビングで使用しているテーブルです。

REMBASSY(レンバシー)というブランドのミズヘリングテーブルです。
ヘリングとはお魚のニシンのことです。
テーブルの模様はヘリングボーン柄といって、ニシンの骨をイメージしています。
木をV字型や長方形を縦横に連続して組み合わせて作られています。。

テーブルにもヘリングボーン柄があるのをドラマ見て知りました。
おしゃれな結婚式場やセレクトショップのフローリングが、ヘリングボーン柄で作られていて素敵だなと思っていました。

フローリングをヘリングボーンにするとかなり予算がかかりそうなので、テーブルでヘリングボーン柄を楽しむのもいいですよね。

10の秘密 サイドテーブル 高野木工

高野木工ピトルというシリーズのサイドテーブル

ピトルシリーズのサイドテーブルです。

白い部分は、エナメル塗装がされているみたいです。

ホワイトオークで税込み4万800円です。小さいけど高いですね(^_^;)
他の高野木工の製品に比べて、大きさや素材の割に高いような気がします…何でだろう…

10の秘密 ベッド 高野木工

高野木工のマークというシリーズのベッド

ドラマ10の秘密で娘の瞳ちゃんの部屋に置いてあるベッドです。

シンプルでおしゃれです。末永く使えそうなデザインです。

10の秘密 サイドボード 高野木工

高野木工ナチュラルシリーズのアルダー材で作ったサイドボード

ドラマ10の秘密で、瞳ちゃんの部屋の本棚として置かれていました。

テレビボードの横に置くものと思っていましたが、単体使用でもいいですね。

上に乗っている、時計も高野木工で販売されていました。

高野木工アルダー材サイドボードの引き出し

サイドボードの引き出しです。

CDやDVDなどを収納しやすい感じの深さです。
フルスライドオープンなので、奥に入れたソフトのタイトルもしっかり見えると思います。

10の秘密 ラック 高野木工

高野木工プレーンラック

ありそうで案外ない形のプレーンラックです。

小さめの観葉植物を飾ったりするのにも良さそうな気がします。

10の秘密 和室のラック 高野木工

高野木工ホワイトオークウォールラック

高野木工のウォールラックです。

ドラマ10の秘密では、和室に据え置きされていました。

壁に打ち付けて使ってもいいですし、壁に付けずにドラマのように据え置きするのも素敵だなと思いました。

10の秘密 キッチンカウンターチェア 高野木工

高野木工トールカウンターチェア

高野木工のトールカウンターチェアです。

ドラマ10の秘密でも、キッチンカウンターのところで使用していました。

キッチンカウンターで食事をされる方にはおすすめのチェアです。

10の秘密 絵 ブルカリナ

ブルカナリの木の実の絵

フランスのBlucanari(ブルカナリ)という男女2人組のアーティストの絵です。

ブルカナリのツリーの絵

ブルカナリの絵は国内では、高野木工が代理店みたいです。

10の秘密ではブルカナリの絵が3つ飾られているみたいです。

ブルカナリのバードの絵

明るい絵が好みなので、鳥の絵が1番好きでした。
鳥の絵をリビングにぜひ飾りたいです。

こちらの絵は額縁がホワイトオーク材で出来ているので、自宅のホワイトオークの家具とも馴染みそうです。

さいごに

ブログを読んで頂きありがとうございます。

大好きな家具ブランドの高野木工がドラマで使用されていて嬉しかったです。

違うメーカーの家具同士を組み合わせるのは、なかなか素人には至難の業なので、我が家は少しずつ高野木工さんの家具を集めていきたいなと思っています。

高野木工は家具の種類も豊富で、シリーズで奥行きが揃っているので、組み合わせて買ったりするのにとてもお勧めのメーカーです(^_^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です