DOD カンガルーテントMとSのレビュー サイズ比較とおすすめのレジャーシート

DODカンガルーテントMサイズとSサイズを並べて比較しているところ

2人用DODワンタッチカンガルーテントSサイズ(横220cm×奥行き150cm×高さ128cm)1人だと快適、2人だと快適ではないけど大丈夫です。大人1人+子供2人は厳しいかと思います。
キャンプに使用したりせずに、運動会で主に座って使用するなら3名は大丈夫です。

3人用DODワンタッチカンガルーテントMサイズ(横210cm×奥行き210cm×高さ140cm)2人だと快適、3人だと快適ではないけど大丈夫です。大人2人+子供2人は余裕なくて辛いです。我慢すればなんとか眠れるかなといった感じです。4人で寝るのはおすすめはしません。
表記通り大人子供関係なく3人までのテントかなと思います。
運動会や公園など主に座って使用するなら4~5名は大丈夫だと思います。

DODカンガルーテントMとSの収納袋を並べている

上がカンガルーテントMサイズの収納袋で下がカンガルーテントSサイズの収納袋です。
Mサイズのほうが未使用なので綺麗に収納されているため細身です。
横幅はMサイズのほうが少し長いですが、収納したときの大きさはそんなに違いはないです。
Sサイズのほうが収納袋に余裕があります。

しっかりした素材の収納袋なので破れる心配はなさそうです。
どちらのサイズも収納袋に余裕があるので、ペグを打ち込む用のトンカチを入れることができます。

DODカンガルーテントMの付属品

カンガルーテントMサイズの中身です。サイズが違うだけでSサイズも同じ中身です。
標準でテントの下に敷くグランドシートが付いていて、片側だけうさぎのモチーフが描かれているので表裏がわかりやすいです。

グランドシートの四隅にはバックルが付いていて、テント本体の四隅のバックルと接続する仕様となっています。

スポンサーリンク

DODカンガルーテントM

DODカンガルーテントMを蚊帳のようになっているところ

コットン素材で四面ともメッシュにできるので、運動会の日差しが強いときも他の手持ちのテントより涼しいです。
蚊帳みたいな感じになるので、虫嫌いな方がキャンプで寝泊まりするのにはうってつけのテントです。

出入り口のメッシュもチャックでしっかり閉めることができるので、テント内で食事中に虫が入り込んだりもしないところも気に入っています。

四面ともチャックで開閉できるので、子供達が運動会でお菓子を交換する時に、どの方向からお友達が来てもチャックを開ければお菓子交換ができるところが地味に便利だなと思いました。

DODカンガルーテントMに子供達を寝かせて大きさを分かりやすくしている

うる覚えですが左端の息子が140cmくらい、真ん中に寝てる娘が120cmくらいの時に撮った写真だと思います。
右端にあと1人は眠れるかなといった感じです。

DODテントマット3の収納袋と中身のマット

DODカンガルーテントMサイズにぴったりの3人用テントマットもあります。
サイズはW210cm×D210cm×厚さ6cmです。カンガルーテントMサイスがW210cm×D210cmなので全く同じサイズになります。

DOD3人用テントには収納する時に折りたたみやすいように溝があります。
口コミやレビューでこの溝が気になるっていう方と、気にならないという方で意見が分かれていました。
私の感想としては若干溝は気になりましたが、溝があることによって厚みが6cmあるテントマットを綺麗に折りたためて収納しやすくなっているので、私は溝があったほうがよかったです。

YOU+ユープラスで販売されているアビームソレイユのレジャーシート

DODテントマットの溝の必要性は感じたものの、溝に砂やお菓子が入り込むのが嫌だったので、テントマットの上に敷くために、楽天市場のYOU+ユープラス株式会社で販売されている200cm×200cmのアビームソレイユ(abeamsoleil)というレジャーシートを購入しました。

色はダークグレーです。
テントマットの色とほぼ同じ色味のグレーでした。

DODカンガルーテントにはクッション性がないので何かしらテント内に敷いたほうがゆっくりできます。
テントマットがあると座り心地は上がりますが、荷物になるのでテントマットまではいらないという方にはこのレジャーシートはサイズがぴったりなのでおすすめです。

スポンサーリンク

DODカンガルーテントS

DODカンガルーテントSにバスタオルを敷いて大きさが分かりやすいようにしている

カンガルーテントSにマタノアツコの大判のバスタオルを敷いた画像です。
タオルの横幅がだいたい大人が仰向けに寝て手を軽く広げたくらいかなと思います。
1人だったら広々使えて、2名なら狭いですが寝れます。

DODカンガルーテントSにEverkeenのピクニックマットを敷いたところ

カンガルーテントSのフロアもクッション性はないので、中に敷くようにレジャーシートを購入しました。

Everkeenレジャーシートの袋と中身

カンガルーテントSの中に敷いるのは、Amazonで購入したEverkeenというブランドの200cm×150cm×6mmの3層構造の厚手のレジャーシート(ピクニックマット)です。

サイズ調整できる持ち手と収納袋が付いています。

DODカンガルーテントSに黒と白のレジャーシートを敷いている

カンガルーテントSサイズが220cm×150cmで、レジャーシートが200cm×150cmなので横幅が左右10cmずつレジャーシートの長さが足りてないのですが、足りてない感じがせずちょうど良いサイズに見えます。

200cm×150cmのチエック柄のレジャーシート

テントフロアが黒だったので、ブラックの厚手の200cm×150cmのレジャーシートを探していたのですが、見つけられなかったので厚手の黒白のチエック柄のレジャーシートを購入しました。

実際に敷いたのを見るとチエック柄がテントに合っていて可愛かったので、黒一色より個人的には良かったです。

スポンサーリンク

アウトドアテーブル

DODテーブルサイズ表
DODアウトドアテーブル サイズ表

カンガルーテントを公園などのレジャーで使う場合は、テーブルがあると子供たちが喜ぶのでおすすめです。

DODからもテント内で使えそうなジミニーテーブルとキャナリーテーブルが販売されています。

ニトリのアウトドアテーブルのアイボリー色

他にもニトリのアウトドアテーブルのアイボリー色は、カンガルーテントやチエックのレジャーシートとも色が合ってそうだなと思っています。

スポンサーリンク

DODワンタッチテント

DODカンガルーテントは本当にワンタッチで設置・回収ができるのでおすすめです。
Sサイズは余裕で設置できます。
Mサイズは呼吸を整えてグッと力は入れないといけませんが、非力なタイプの私でも設置できます。

DODは最近ぞくぞくと新商品が発売されていて、キャンプ用品全部をDODで揃えることができるくらい種類も豊富です。
色や形もおしゃれなものが多く、細部まで使いやすいように工夫されているものがたくさんあるのでおすすめのブランドです。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。