森伊蔵 1年6ヵ月で3回 当選しました 2021年と2020年の抽選結果と当選確率 定価での入手方法について

森伊蔵焼酎

スポンサーリンク

森伊蔵 当選しました

箱に入った森伊蔵という焼酎
届いた森伊蔵

最近、新型コロナの影響で家飲みすることが多くなってきました。

家飲みは外で飲むのと違い、お店の雰囲気で味がごまかせないぶん、美味しいお酒がいいなと思い森伊蔵抽選に申し込んでみました。

スポンサーリンク

森伊蔵 抽選による入手方法

森伊蔵 電話抽選

電話番号099-239-1111
申し込み期間毎月15日から25日
抽選結果翌月1日から14日までの間に申し込んだ電話で確認
発送2ヵ月後の15日頃
スポンサーリンク

森伊蔵 当選倍率 実績

キッズ携帯も駆使して、毎月5回線で挑んでいます。たまに電話をかけ忘れて4回線で挑んでいます。
ネットで当選倍率0.2%という情報を見ましたが、我が家に関しては今のところ約4.2%となっています。
3回当選(71回線応募)

最初の3ヵ月で1回当選、その後5ヵ月後に当選したので思っていたより当選できるように感じていましたが、その後はしばらく当選しませんでした。
令和3年は当選出来ていませんでした。
6月は忙しすぎて電話するのを忘れていました。
ようやく7月に久しぶりに当選することができました。

因みに、当選した回線の電話番号は全て違う番号です。
偶然なのか、違う人が当たるようにシステムで管理されているかは不明です。

応募当選
4月5回線
5月5回線
6月5回線
7月5回線
8月5回線
9月4回線
10月4回線
11月5回線
12月5回線
1月5回線
2月5回線
3月4回線0
4月4回線0
5月5回線0
6月0回線
7月5回線
令和2年4月~令和3年7月までの実績
スポンサーリンク

森伊蔵 味

コクがあって口当たりが良く、ほんのりとサツマイモの上品な甘みを感じられます。
芋臭いということはなく、ほどよい芋感です。
万人受けする芋焼酎だと思います。

スポンサーリンク

芋焼酎 ランキング

1位森伊蔵白麹
2位村尾黒麹
3位魔王黄麹
4位甕雫白麹
5位富乃宝山黄麹
6位萬膳黒麹
7位佐藤黒黒麹
8位三岳白麹
9位黒霧島黒麹
10位伊佐美黒麹
芋焼酎我が家の人気ランキング

今まで飲んだ芋焼酎でランキングを作ってみました。

1位~3位の3M(森伊蔵・魔王・村尾)に関しては、レアという気持ちも入っているのかもしれませんが、やっぱり美味しかったです。

4位の甕雫(かめしずく)は銘酒なのですが、瓶ではなく甕に入っているせいか美味しいのに取り扱っているお食事処が少ない気がします。
柄杓でつぐタイプの焼酎です。
フルーティな魔王や富乃宝山が好な方には特にお勧めです。

5位の富乃宝山は、フルーティでクセがなくてサラサラ飲めます。
いっとき飲んでなかったら日本酒の瓶だったかな?とたまに思ってしまうことがあります。

6位の萬膳は、甘くてコクがあって美味しいです。
お寿司とか和食に合います。キンキンに冷えた陶器のコップで、濃いめの水割りにして飲むことが多いです。

7位の佐藤黒は同じ黒麹仕立の黒霧島に似ています。
佐藤黒のほうが雑味がない感じがします。
蕎麦屋で鴨焼をつまみにして、飲みたくなる味です。

8位の三岳は屋久島にある酒造です。
甘い匂いが好きで、飲む前にまず香りを楽しんでいます。
パッケージとネーミングは昔ながらの芋くさい焼酎を想像してしまいますが、実際飲んでみると、フルーティーで甘くまろやかな味となっていています。

9位の黒霧島はコスパに優れています。
味も安定していてどこで飲んでも、安定した美味しさが楽しめます。

10位の伊佐美は、お湯割りが寿司と合うので、寿司屋に行ってお湯割りの焼酎が飲みたい時に好んで飲んでいます。

スポンサーリンク

森伊蔵 定価と販売価格

沖縄4319円四国・関西4154円
鹿児島3934円北海道4826円
九州・中国 4018円その他の地域4364円
2020年8月の配送料込の価格

森以蔵の定価は、3000円程度です。
酒造での直接販売はされていないので当選された場合は別途、配送料と振込手数料がかかります。

振込手数料を入れても、ほぼ5000円以内で手に入れることができるみたいです。

森伊蔵と魔王のプレミア価格がのっている
森伊蔵と魔王の値札

近所のスーパーの森伊蔵の販売価格です。
税込み4万9029円で売ってました。高くてびっくりです。

隣の魔王は税込み2万2838円でこちらも高いです。

森伊蔵・魔王は美味しいですが、プレミアム価格まで出すのはお勧めしません。

スポンサーリンク

高島屋 森伊蔵 抽選

高島屋でも毎月1日から10日までの間、各店舗で森伊蔵の抽選をされているみたいです。

森伊蔵 なぜ美味しいのか

鹿児島県産の有機栽培の黄金千貫というサツマイモを原料にして、手間がかかる甕壺仕込みによって生産されています。

甕熟成は、気孔に微生物がいて熟成を助け、まろやかで独特の味わい・香りの焼酎に仕上がります。

森伊蔵 できあがるまで

森伊蔵という焼酎を販売する前は、「錦江」という鹿児島で好まれる芋の風味の強い焼酎を造っていました。
8人兄弟の末っ子の5代目森覚志さんが継いだ頃は、錦江はあまり売れていなかったそうです。

そこで、若い女性や下戸の5代目でも飲めるような美味しい焼酎を造ろうと、今までの製法とは大幅に変えて、作り上げたのが「森伊蔵」だったそうです。

森伊蔵(父親である4代目)という名前も、賛成されたらやめて、反対されたら
森伊蔵と命名しようと思ったそうです。
反対されたので森伊蔵と付けたそうです。

おすすめの焼酎 甕雫(かめしずく)

甕雫という甕に入った芋焼酎

我が家が1番買っている焼酎が甕雫です。
3M(森伊蔵・村尾・魔王)よりも、定価で比較的手に入りやすいです。

フルーティで品のある甘みがあって飲みやすいです。

甕と柄杓が、ホームパーティーやリモート飲みの際に映えるというご意見もあるみたいです。

京屋酒造で取り扱っているお酒についての説明書

甕雫を作っている京屋酒造のパンフレットです。

原材料にもこだわりをもっているのが伝わります。

飲んでみたい焼酎 3選

飲みたい焼酎が3つあります。

1つめは、広島県の久保田酒造が作られている、「紅葉天狗」という焼酎です。
飲んだ方から「おいしかった」との口コミを聞いたからです。

2つめは、日本酒で有名な獺祭を作っている旭酒造から出ている、「獺祭焼酎」が飲んでみたいです。
日本酒の獺祭が美味しいので、焼酎も美味しいのかなと思って気になっています。

3つめは、森伊蔵を10年熟成させた、「楽酔喜酒森伊蔵」です。
森伊蔵が美味しいので、長期間熟成して、まろやかさと芳醇度が増したものはさぞ美味しいと思うのでぜひ飲んでみたいです。

高島屋 森伊蔵 抽選 定価販売

高島屋でも定価で森伊蔵が抽選販売されています。
毎月1日から10日までの間に抽選受付をしています。
当選したら、中旬頃に封書で通知があって、毎月20日から月末までに受け取りに行きます。

配送はしていなくて、来店での受け取りとなります。
行ける範囲に高島屋がある方は、高島屋で抽選されるのもいいと思います。

送料もかからないので、森伊蔵1.800mlで税込み3240円で購入することができます。
他にも、森伊蔵720mlで税込み2776円、極上森伊蔵720mlで税込み5616円が抽選で購入できます。

11月には、森伊蔵を10年長期熟成させた、楽酔喜酒の抽選があります。
定価で39,000円です。
いつか飲んでみたいです。

残念ながら、全店の高島屋では抽選されていません。近所の高島屋で抽選をされているか確認されたほうが良いかと思います。

下記の高島屋で森伊蔵の抽選販売をしています。

東京日本橋高島屋
玉川高島屋
新宿タカシマヤタイムズスクエア
立川高島屋
神奈川横浜店
埼玉大宮店
千葉柏高島屋ステーションモール
群馬髙﨑店
岐阜岐阜高島屋
愛知JR.名古屋タカシマヤ
大阪大阪店
堺店
泉北店
京都京都店
洛西店
岡山岡山店
鳥取JU米子高島屋
愛媛いよてつ高島屋

お近くに高島屋がある方は、ぜひ抽選に行かれてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です